私のパトローネ

クラッシックカメラを愛するオヤジ。

NEOPAN100ACROS

「炭坑へ続く道」2015.08.13 @ 奥谷

Canon ⅡF + Canon Lens 50mm f:2.8

NEOPAN100ACROS / 135

バルナックには、やはりモノクロフィルムが相応しいと思う・・・。

f:id:haya50d:20170109173241j:plain

Velvia Magic

「吊橋」2014.11.03 @ みたらい渓谷

FUJICA AZ-1 + FUJINON 1:1.8 f = 55mm

RVP100 / 135

ベルビア100のコントラスト豊かな発色はこういったシチュエーションにピッタリ。

AEカメラであるAZ-1なら、ある程度はカメラに任せてもしっかり適正露出を指示してくれるのでとても手軽に撮影できる。

f:id:haya50d:20170109165347j:plain

 

長秒露光

「朝ぼらけ」2017.01.03 @ 和邇

Canon FTb + Canon FD28mm f/3.5S.C.

FUJICOLOR100 / 135

フィルムでの長秒露光は独特でとても良い。またネガ特有の粒状感も味があっていかにも写真という感じになる。

f:id:haya50d:20170109025250j:plain

Tessar

「初夏の緑」2015.07.29 @ 多気

Canon ⅡF + Canon Lens 50mm f:2.8

FUJICOLOR100 / 135

キヤノンのバルナックに50mm f:2.8を入れて撮った一枚。50mm f:2.8は通称ゼブラと呼ばれる玉で、あの向井二郎氏の作。レンズ構成はテッサーで、ご覧の通りカリッカリに解像する。見た目にはあまり宜しくない玉だけど写りは間違いない。

f:id:haya50d:20170109023102j:plain

うらぶれる

「沈船」2014.11.16 @ 西の湖

FUJICA AZ-1 + FUJINON 1:1.8 f = 55mm

RVP50 / 135

Photoshopで補正

琵琶湖の内湖である西の湖は近江八幡の水郷の中核を成す湖。住宅街と田畑に囲まれているが、平成に入ってからすっかり寂れてしまい、うらぶれた雰囲気がそこかしこに見られる。

f:id:haya50d:20170109015610j:plain